プランナーの仕事

お客様とのイイ関係

クライアントの皆さまと二人三脚で広告作りをしている「ぱど」のプランナー。 このコーナーでは実際のお客様に担当プランナーについて、その仕事ぶりを聞いてみました。


イイ関係写真①.jpg

【お客様:地中海食堂タベタリーノ越谷店 オーナー シェフ Nさん】
『営業担当者に求めるのは"人間 対 人間"のおつきあいです』

現在、当店を担当してくれているUさんとは約1年のおつきあいになります。Uさんは、仕事として決まりきった対応をするのではなく、一人の人間として心のこもった対応をしてくださるので、信頼できます。仕事のやりとりがないときにもお店に顔を出してくれたり、個人的にお店を利用してくださったり、とても丁寧にかかわってくれています。お店のことを一生懸命考えてくださっていることが伝わります。

当店だけでなく、越谷の商店街のことを真剣に考えてフットワークよく行動されているので、商店街での有名人ですよ(笑)。  世の中には、お店の広告宣伝をする紙媒体やサイトなどが数多くありますが、選ばれる媒体になるためには、"媒体力"以上に"営業担当者の対応"が問われてくると思います。営業の話だけでは無く、雑談などを楽しみながら"人間 対 人間"のかかわりをしてくださると、こちらも心を開いておつきあいできます。 Uさんをはじめ、ぱどのみなさんは"人と人のおつきあい"ができていると思いますので、それを維持し続けてほしいですね。


【担当プランナーはワタシです!埼玉東支局 U】

Q:お客様に対しては、日頃どのようなスタンスで営業活動をしていますか? メールや電話でのやりとりだけではなく、対面することを心がけています。打ち合わせもなるべく訪問するようにしています。お客様の前では、「笑顔でいること」「ハキハキ応えること」「嘘をつかないこと」に気をつけています。 

Q:営業で大事にしている考え方や行動は? お客様から時間をいただいたら、なるべく意味のある時間にしようと心がけています。街の情報やまわりのお店の情報、メディアでの流行などを仕入れ、ぱど以外の話もできるように気をつけています。自分のことも少し話すと、お客様も心を許してくださる気がしますね。



イイ関係写真②.jpg

【お客様:サロンドリップス マネージャー Kさん】
『結果に左右されない誠実な対応と、街を知り尽くしたプロの情報が魅力』

営業のTさんとは、7年前からのお付き合いです。「新メニューをどのようにPRしていくか?」をTさんに相談して広告を掲載したところ、多くのお客様にご来店いただくことができました。それ以来、7年間『ぱど』に出稿していますが、継続している大きな理由は、Tさんの"頑張り"です。毎月レビューの時間を設けているのですが、結果がいいときも悪いときも一生懸命考え、改善案や新しい提案を行ってくれています。
もう一つの理由は、他サロンの様子に加え、朝霞周辺の情報を教えてもらえる点です。私たちは日中店内にいるので、街の様子を直接知ることはできません。雑談中に「今、街ではこんなことが行われていますよ」といった情報を提供できるのは、他社にはないぱどの魅力。私たちにとっては、お客様の動きを知る貴重な情報源なのです。
また、近隣のお客様の中には「この店は『ぱど』に掲載されている」と安心感を持つ方もいます。媒体に対する信頼度も、ぱどブランドが持つ強みだと思います。
私は30年近く美容師の仕事をしてきて、「縁」を大事にしてきました。だからこそ、リピーターのお客様も多いのだと思います。Tさんにも仕事に慣れきることなくチャレンジを続け、人とのつながりを大切にし続けてもらいたいです。



【担当プランナーはワタシです! 池袋支局 T】

Q:お客様に対しては、日頃どのようなスタンスで営業活動をしていますか?
「広告のプロ」「街のプロ」であるという自覚と、「お客様に手間を取らせない」というスタンスがベースにあります。お客様の想いや、重要視していることなどを伺ったうえで、ぱどでできることやこの地域ならではの掲載すべき内容などをご提案しています。

Q:営業で大事にしている考え方や行動は?
お客様からの質問や疑問に対する回答、修正原稿の送信など、とにかく"即レスポンス"ということを大切にしています。ときには、その場ですぐ答えられない内容もありますが、そこで曖昧な回答はせず、調べたうえで"即レスポンス"を心がけています。

  • 新卒エントリーはこちら
  • 中途エントリーはこちら