問題解決の仕事がしたい就活生必見!答えが1つではない面白さとは?

小林優花 YUKA KOBAYASHI

2016年新卒入社 城南支局プランナー

旅行が大好き

問題解決がしたくてぱどに

ぱどとの出会いは、1dayインターンだ。
先輩社員が焼肉屋の店長を演じ、私たち就活生は焼肉店の課題をヒアリングし、解決策を提案するという内容だった。

店長との会話でいかに情報を引き出せるかが成功の鍵となる。心の開き具合によって話す内容の深さが変わるのだ。「集客が上手くできない」と一口に言っても、「リピーターに繋がるお客様が欲しい」のか「新規のお客様を増やしたい」のか「ランチタイムのお客様が欲しい」のかによってアプローチは異なる。

重要な情報を取りこぼしていないか。ターゲットは的確か。消費者のニーズを理解できているか。自分の質問によって得られる情報の量や質が、成功を決める。

人と話すのが好きな私は、悩みをヒアリングして問題解決を行うこの仕事内容にワクワクした。ぱどのプランナーは物を売るのではない。広告を通してクライアントの問題解決をするという無形商材の価値は、アプローチする人によって大きく変わる。

答えは1つではなく、自分の関わりによって物事が変化するところに面白さを感じたのだ。

実際に入社してみて

入社してすぐに、自分の関わり方で変化していく体験をした。

担当エリアである大田区で初めて営業を行ったときのこと。オープンしたばかりのとんかつ屋さんに、「こんにちは!」と入っていった。夫婦営業のアットホームなお店で、ちょうど試作品をつくっている真っ最中だった。挨拶を済ませ、『ぱど』の話や街について立ち話をしていると、「お腹空いてない?これ今つくってたから食べていきなよ」と試作のトンカツをご馳走してくれた。

そんな話し好きな奥さんに対して、旦那さんは寡黙な方だった。最初は挨拶をしても返事はいただけず、あまり目も合わせてもらえなかった。それでも『ぱど』の最新号が出る度にお店に持参したり、週1日ペースで挨拶に行って雑談をしたりするなど、とにかく顔を出すように心がけた。

奥さんとはどんどん馴染みになり、通いはじめて1ヶ月弱が経った頃、会話の中で、お店のPRをもっと行いたいと思っていることが分かった。初対面の私にも、美味しいトンカツを振る舞ってくれた優しいご夫婦の力になりたいと想い、先輩にアドバイスを貰いながら精一杯提案書を考えた。

そして提案当日、「何を強く打ち出すべきか」「どうすれば効果が出る広告になるか」を説明した。話を聞いてるのは奥さんで、旦那さんはいつも通り仕込みの作業をしていた。

「うーん」と奥さんが迷っているのをドキドキしながら見ていると、急に旦那さんが私たちが話す席についた。挨拶は返してもらえるようになったものの、頻繁に話す仲ではなかったので「気に入らなかったのかな?」と更に心拍数が上がる。

すると旦那さんが一言。「じゃあ、これにしよう」と。驚いた。旦那さんは私たちの会話をきちんと聞いて、「このプランならいけるだろう」と思ってくれていたのだ。

結局、1年間の契約を結ぶことができたが、その結果よりもプランナーとして認めてもらえたことがとても嬉しかった。今でもたまにランチに行くと「来たの〜?」と快く迎えてくれる。

1dayインターンのように、すぐに結果が出るわけでも無いし、信頼関係を築くためには地道な努力も必要だ。だが、自分の行動が関係性を徐々に変化させ、信頼に繋がった時の喜びは比べものにならない。

自分が担当者だと思えるぱど

ぱどは、「営業」「企画・提案」「広告制作」の全てをプランナーが行う。全部自分で行うのは楽ではないが、私の仕事、私のお客様という意識が強くなる。そしてどの仕事でも、自分の関わりによって結果が大きく左右される。

例えば求人広告。これはキャッチコピー1つで反響が変わる。以前担当した放課後デイサービスの原稿は、「短時間勤務で週3日」と打ち出してから反響が上がった。これを「職場のアットホーム感」といった別のメリットにしていたら、違った結果になっていただろう。

担当プランナーに広い裁量があるので、挑戦もしやすい。以前企画した求人特集では、広告に編集記事をつけて、実際に働く人たちのインタビューを掲載した。誌面をどうつくるかはプランナーの工夫次第。答えは一つではない。

求人広告は掲載後1週間で反響を聞くのだが、この瞬間が答え合わせのようで最もドキドキする。広告効果が数字ではっきり分かるので、自分の提案で反響が出せたときは最高に気持ちが良い。想いが誌面になれば嬉しいし、結果を残せばどんどん紹介に繋がっていく。

地域密着の問題解決

ぱどに入社し、思い描いていた問題解決という仕事を思う存分やらせてもらっている。やりがいを感じるのは、結果が出てお客さんが喜んでくれた瞬間だ。

以前求人を担当したクリーニング屋さんは、今まで新聞の折込など色々手をつくしたが、どれも成果があがらず、どの媒体に本腰を入れるべきか迷走していた。地域密着の『ぱど』だったら力になれるのではと思い、広告を出して待つこと数日。いつもは自分から反響確認の電話をかけるが、この時はクリーニング屋さんから電話が鳴った。

「自転車で通える人が採用できました!朝からシフトに入れる人なので本当に助かっています!」と嬉しそうに報告してくれたのだ。

話を聞いてみると、応募してくれた方は『ぱど』の愛読者だったという。地元から愛されるフリーペーパーが、地元の人の悩みを解決する。まさに『人・街・ぱど』だと実感した。

仕事はいつも上手くいくわけではない。契約が伸びずに悩んだこともあった。そんな時、上司が「小林は継続できるのが良さだから、諦めないで」と応援してくれた。諦めないで継続すれば、ゆっくりでも確実に変化が生まれる。これからも粘り強く、お客様の課題を解決していきたい。

Instagram
Twitter
Facebook
SOCIALICON

RECOMMEND おすすめの記事

page-top